創業者メッセージ
ceo message

私たちは、概念にとらわれない発想で文化の発展に貢献し、人々や社会の喜び、幸せ、そして豊かな未来を創造する企業を目指しています。

優れた芸術性と高い品質で世界の人々を魅了する着物は、日本人ならば一度は着たいと願う方も多く、また日本を訪れる世界中の方々の多くは、“着物”を見たい、着たいと願っているようです。しかし現在では着付けや手入れの難しさ、高価格などの理由で着るのを諦めているようです。​

仕立屋甚五郎は「誰でも一人で簡単に着れて着崩れせず、自宅で洗えるきもの」​として着物離れの原因を1つ1つ解決し、現代のライフスタイルに合わせて進化した着物を提案しています。

衰退に歯止めがきかない和装業界の現状を目の当たりにし、世界に誇れる日本の伝統文化をこのまま絶やしてはいけない、必ず未来へ継承させなければと強く感じております。まずは仕立屋甚五郎の着物を窓口として、より多くの方々に着物を身近に感じていただけるなら、着物文化を残せるのではないか、世界中の方々への最高の「おもてなし」を実現できるのではないか、と考えております。

今なお新型コロナウイルスの猛威が続いておりますが、世の中の構造や経済環境の変化をチャンスと捉え、私たちの小さな取り組みが、世界中の人々に喜びと幸せを届けられるよう、全力で事業に取り組んでまいります。

代表取締役会長
仕立屋甚五郎デザイナー
髙橋 賢一
Kenichi Takahashi
プロフィール / Profile

1947年生まれ。

大分県出身。駒澤大学経済学部卒業。

青年時代は陸上競技の選手として活躍。

〈主な実績〉

全国青年大会10,000m優勝

九州一周駅伝大分県代表

九州一周駅伝では、19歳の若さでメキシコオリンピック銀メダリスト“君原健二選手”を抑える力走を見せる

君原選手を抑えたマラソンの記録はコチラ

第46回(昭和43年)箱根駅伝予選会 個人成績第1位

箱根駅伝出場(3大会連続出場:ごぼう抜き記録を持つ)

 

ビジネスの世界へ転身の後、日本の伝統文化である着物が廃れつつあることを危惧し、文化復活に注力。

1997年「仕立屋甚五郎」ブランドを立ち上げ、特許・実用新案、意匠権等を取得。

現在50社以上のマスコミ、メディアから取材を受け注目される。

作品紹介 / Works
No.5和心.jpg
No.8風神雷神.jpg
作品.jpg
女性の神.jpg
 

青年時代マラソンの選手として活躍し、多くの記録を樹立した髙橋の成功ノウハウは、マラソンを引退した後も、ビジネス、スポーツ、日常生活など様々な分野で活かされており、非常に多くの方にご支持いただいております。

ここでは、髙橋のマラソンの記録の一部をご紹介いたします。

九州一周駅伝

1967年、第16回九州一周駅伝の大会最終日2区にて、19才の髙橋が、メキシコオリンピックの銀メダリスト”君原健二選手”を抑え、(故)広島日出国選手と競り合う力走を見せる

九州一周駅伝
世界の君原をまったく寄せ付けない

また、別の新聞では

『世界の君原選手をまったく寄せ付けない』

​と報じられる。

この戦いは名勝負の一つとして語り継がれ、広島日出国さんが亡くなった際にも、新聞で取り上げられております。

(西日本新聞2009年10月24日)

九州一周駅伝 2009
大分合同マラソン

大分合同マラソンにて、他を寄せ付けない圧倒的な強さを見せ、24km地点から独走し、​そのまま優勝

大分合同マラソン
箱根駅伝

当時まだ無名だった駒沢大学の陸上部に広告塔として入部したが、箱根駅伝第三区にて、8位から4位へごぼう抜き。

ラジオからは、『駒大の髙橋が天下の日大をとらえます!』

髙橋の記録は、今もなお残っております。

箱根駅伝 駒沢